PidPort

AI-Driven Pathological Image Diagnosis
for all medical practitioners around the world

デジタル病理AI解析ソリューション「PidPort」

Vison of PidPort

世界中の全ての医療従事者へより心地よい医療環境の実現を。

PidPortはDeep Learning / AI による独自の画像処理技術によって病理スクリーニングを可能にする他、遠隔病理診断 の機能も有しています。 日々、高度・膨大化していく医療現場の負荷をAIによる病理画像解析によってより心地よい
診断ができる医療環境の実現をテクノロジーの力でサポートします。

開発ストーリーを読む

Features

PidPortの3つの機能。病理標本の保管・管理における物理的なスペースを気にすることなく、
診断時のワークフローの軽減化、遠隔診断時の効率化を実現することができます。(※)

PidPortの3つの機能:病理標本の最適な保管庫/AIによる病理スクリーニング/世界と繋がる遠隔病理診断 PidPortの3つの機能:病理標本の最適な保管庫/AIによる病理スクリーニング/世界と繋がる遠隔病理診断
AI Analysis

AIによる病理スクリーニング

メドメインで独自開発されたAIで病理組織・細胞をスクリーニングすることができます。医療従事者の方のアシスタントとして日々のワークフローの軽減化を実現できます※

Telepathology

世界と繋がる遠隔病理診断

テレパソロジー(遠隔病理診断)機能により、世界中の医療従事者ネットワークから最適かつタイムリーな病理診断依頼・支援を実現できます。

Cloud Storage

病理標本の最適な保管庫

デジタル化することによって病理画像データ・症例情報を経年劣化や物理的な保管スペースを気にすることなくクラウド上に管理・保管することができます。容量も状況にあわせた調整が可能です。

※日本国内においては、AI解析に関する機能については将来的な提供を計画しています

メドメインのデジタル病理
ソリューションサービス

病理標本のデジタル化からAIでのスクリーニング解析・遠隔病理診断・画像データの保管まで一貫したサービス提供が可能です。
(課題感にあわせて必要機能のみを提供することも可能です)

Case1

病理組織標本をデジタル画像化する

PidPort:病理組織標本をデジタル画像化するイメージ図 PidPort:病理組織標本をデジタル画像化するイメージ図

使用メリット

必要な標本情報への瞬時のアクセス / 物理的な保管スペースの解消 / 病理画像データ、症例情報を適切に管理・保管

Case2

デジタル病理画像に対して、AIによる解析・スクリーニングを行う(※)

PidPort:病理組織標本をAIによる解析・スクリーニングを行うイメージ図 PidPort:病理組織標本をAIによる解析・スクリーニングを行うイメージ図

使用メリット

病理診断業務の効率化 / 病理画像データ、症例情報を適切に管理・保管

※日本国内においては、AI解析に関する機能については将来的な提供を計画しています。

Case3

デジタル病理画像を他の病理医に共有・診断依頼をする

PidPort:デジタル病理画像を他の病理医に共有・診断依頼をするイメージ図 PidPort:デジタル病理画像を他の病理医に共有・診断依頼をするイメージ図

使用メリット

物理的な移動や病理標本の送付が不要 / 病理医間でのタイムリーな情報共有が可能

Research & Development

現在では、特に症例数の多い、胃・大腸・乳腺(悪性上皮性腫瘍と良性上皮性腫瘍と非腫瘍性病変)
および肺(悪性上皮性腫瘍と非腫瘍性病変)の組織判定をはじめ子宮頸部、尿の細胞判定(腫瘍性判定の有無)までAI解析の実用が可能であり、
今後、膵臓(組織判定)など他の臓器・症例に関しても研究・開発および実装を進める予定です。

組織判定
大腸 組織判定
組織判定
乳腺 組織判定
子宮頸部 細胞判定
尿 細胞判定

Publications

Deep learning models for histopathological classification of gastric
and colonic epithelial tumors

Osamu Iizuka*1, Fahdi Kanavati*1, Kei Kato*1, Michael Rambeau*1, Koji Arihiro*2 & Masayuki Tsuneki*1
1)Medmain Inc. 2) Department of Anatomical Pathology, Hiroshima University Hospital

Published: 30 Jan, 2020 Scientific Reports